▼ MENU

Pandora2の簡単な使い方

1-1.例えば「脱毛」で出稿されている広告を知りたいと思った時

 

PPC広告サーチを使って「脱毛」と検索!

 

※検索時に絞り込める項目

  • キーワード
  • 広告タイトル
  • 広告本文
  • 広告URL
  • リンク先URL(PPC広告の仕様変更により利用できなくなりました)
  • 提携有無(PPC広告の仕様変更により利用できなくなりました)
  • ドメイン差異の有無(PPC広告の仕様変更により利用できなくなりました)
  • 表示機種
 
 

 

そうすると

そのキーワードを含んで出稿されている広告の一覧が表示されます!

    • 複合キーワードで出稿されているキーワード
  • 全ての広告の出稿内容
  • 広告掲載順位
  • 広告出稿URL
  • 実際の飛び先URL(PPC広告の仕様変更により利用できなくなりました)

 

といった全ての情報を網羅的に検索することができます。
例えば「脱毛」で検索をするとこのような出稿広告の一覧を取得できます!

 

 

 

 

※調べられる項目

  • 広告キーワード
  • タイトル
  • コメント
  • 広告URL
  • 表示順(PC・スマホ)
  • クリック先URL(PPC広告の仕様変更により利用できなくなりました)
  • ドメイン差異(PPC広告の仕様変更により利用できなくなりました)
  • 提携有無(PPC広告の仕様変更により利用できなくなりました)

1−2.さらに特定の商品やクライアントの広告が
「他にどんなキーワードで出稿をしているのか?」を調べたいと思った時

 

該当広告の

  • 広告URL
  • 飛び先URL(PPC広告の仕様変更により利用できなくなりました)
  • 広告本文
  • 広告タイトル

などから検索を行うことで...

 

 

 

 

 

 

 

 

その広告主の出稿している全ての出稿キーワードが丸裸に!

 

例:脱毛で上位を獲得していた某脱毛系クライアント

 

 

Pandora2の使い方2

2−1.検索キーワード候補を拡張させ解析元となるキーワード群を洗い出します

2−1−1.関連キーワードから拡張!

予測入力キーワード、Yahoo虫眼鏡キーワード、連想ワード(はてな/kizashi)からキーワードを拡張します。

 

 

 

※拡張範囲設定

  • 関連キーワード(入力予測)
  • 虫眼鏡キーワード
  • 連想キーワード
 
 

2−1−2.トレンドキーワードから拡張!

今が旬のトレンドキーワードもあらゆるトレンドサーチから網羅的に検索できます。

 

 

※拡張範囲設定項目

  • Yahoo!急上昇ワード デイリー
  • Yahoo!急上昇ワード ピックアップ
  • 最新 - Yahoo!検索データ 10分毎
  • Google トレンド - 急上昇ワード
  • ユーザーローカルWikipediaトレンド
  • gooウェブ検索 急上昇ランキング
  • kizashi
  • 上記の関連、虫眼鏡、連想キーワード
 
 

2−1−3.Youtubeの検索キーワードから拡張!

さらにはyoutubeで検索されている関連キーワードを拡張!

 

 

 

2−2.キーワード毎の広告出稿状況からお宝キーワード&お宝商品を発掘する!

 

「2−1」で拡張したキーワードを元に広告出稿状況の解析をかけていきます。

すると予想もしていなかったキーワードでお宝商品が出稿されていたり、

検索数は多いのに広告が出稿されていないお宝キーワードを発掘することができます!

 

例えば「脱毛」関連キーワードで上位表示されているキーワード群での
解析結果を見てみた時、

 

「医療脱毛 安い」
「円形脱毛症 薬」
「アイライン 脱毛」

 

といったキーワードは、
プレポジ件数が5件表示されており、

 

出稿クリック単価も比較的高く、
稼ぎやすいキーワードであるにも関わらず
allintitle数は少ないことから、
狙い目のお宝キーワードであることがわかります。

 

 

 

このようにキーワードを解析していくことによって、

次から次へとお宝キーワードを発掘することができてしまいます。

 

Pandora2を使いこなすことができれば、

もう稼げる情報が見つからないなんてことはなくなります。

 

今すぐトップアフィリエイターと同じだけの情報を手に入れて、

思う存分ビジネスで稼いでいってください。

Pandora2活用Webセミナー